Prepared Mind

Chance favours the prepared mind.
<< 写真共有アプリなんて、もう古いと思ってたけど『EyeEm』にハマった。 | TOP | 映画『インファナル・アフェア』を今更観てみた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | -| - | - |
    映画『横道世之介』がとっても良かった。
    この映画に出会えた僕は、ちょっと人生得をしているとおもう。


    おととい、映画『横道世之介』を観たんだ。
    原作は、『パレード』や『悪人』の吉田修一さん。
    大好きなんだ。

    監督は、『南極料理人』の沖田修一さん。
    160分の長丁場の映画なんだけれども、
    映画館入って、
    オープニングで新宿駅からよたよた登場する世之介がいて、
    大学の入学式のシーンがあって、、、、、

    気づいたらエンドロールで笑いながら、ニヤニヤしながらちょっと悲しく感動していた。




    アジカンの主題歌「今を生きて」も映像の色合いにとってもマッチしている。


    たぶん自分の住んでいる今の世界のどこかにも、
    世之介はいるのだろうし、そう信じることでちょっとハッピーになれる。
    160分後に、そんな友達と久しぶりの再会をしてきた、
    そんな映画でした。


    高良・吉高の主演も『蛇にピアス』以来5年ぶり?とかだったらしいんだけれども、
    奥行きとか幅が『蛇にピアス』とはまた違った形で演出されてて、余計に好きになりました。

    『ソラニン』の種田とも全然違う雰囲気なんだよなぁ。
    「そん時どうしてくれんの?一緒に死んでくれんの?」
    と現実を芽衣子さんに突きつける種田。

    そんな高良健吾が、
    「心配するのが仕事っていうか、心配させてくれよ」
    と翔子さんのことを想う世之介を演じる。


    ぜひ原作も読んで欲しいし、
    映画も観てほしいなぁとおもいました。

    0
      17:27 | 映画レビュー | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
      スポンサーサイト
      0
        17:27 | - | - | -| - | - |
        コメント
        コメントする










        この記事のトラックバックURL
        http://enochan.jugem.jp/trackback/1437
        トラックバック