Prepared Mind

Chance favours the prepared mind.
<< 【本棚】1月の読書。(26/300) | TOP | 映画『横道世之介』がとっても良かった。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | -| - | - |
    写真共有アプリなんて、もう古いと思ってたけど『EyeEm』にハマった。
    Instagramを始めとして、写真共有(追加して多様なフィルター機能)アプリって、正直もう殆ど使っていなかった。Facebookにアップするときにはすでにもう内包されているフィルター機能でそのまま投稿できちゃうし、目的は異なれど、あんまり写真共有アプリを使うシーンが減ってきたのは事実だった。

    だけど、今日ふとAppStore見てたら、なにやら気になるアプリが。

    それが、
    EyeEm」だ。


    機能的に斬新な何かがあるわけではない。
    特筆するとしたら、「タグ」機能だ。
    それがソーシャルストリーム上では不特定多数との「アルバム」形成に一役買っている。

    Instagramはフォロワー数を増やしていくと、だんだんと自分の写真を閲覧される頻度や機会は増えていく。
    EyeEmは違う。もちろん、フォロワー数が増えていって「Popular」というトレンドアルバムに掲載されることも閲覧される頻度向上には必要だが、先ほど述べた「タグ」が、例えば少ないフォロワー数でも自分の写真がそのタグに由来するすべての人に閲覧されるという仕組みだ。


    機能面とか、UIとかはこちらの記事を参考にして下さい。
    あ、このアプリはUIが個人的に超好きなので、おすすめしました!



    なんだかんだいって、何かを切り取っておきたくなるコレクターなんだと思う。
    写真にかぎらず美しいものをそのまま愛でたい、自分のものにしたい、とか。
    保存しておきたい、記録しておきたい、誰かにも見せたい、とか。
    その目で見る風景も、その耳で聞く音も、感じる言葉や文章も。



    0
      00:04 | - | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
      スポンサーサイト
      0
        00:04 | - | - | -| - | - |
        コメント
        コメントする










        この記事のトラックバックURL
        http://enochan.jugem.jp/trackback/1435
        トラックバック