Prepared Mind

Chance favours the prepared mind.
<< Facebook Cardsが届いたけれども、これは結構クール。 | TOP | ブログ、書いていなかった理由(エピソード0) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | -| - | - |
    榎本(がみんなに)感謝(する)週間:榎本感謝祭やりました。超感動!それに合わせてみなさまに感謝日記。 #enoweek



    ■モツ会
    始まりはまずモツ会からでした。
    たしかに言いだしっぺはななこ?とかおれ?とかだった気がする。
    ともかく企画はひと月前くらいから開始。


    最初は人数少ない予定だったけれども、震災支援活動関連の仲間とか多く集まって結局は20人?くらいで鍋をつきつつ、温まりました。

    企画してくれたのんちゃん、ななこ、あけ、ありがとう。
    たっくさん人がいたからあんまりちゃんといろいろとは話せなかったけれども、あけちゃんとCSRの話したりHOSUPのこれからの形の話をした気がする。



    ■感謝祭(1/31)

    企画しました。
    4年間行きつけのBarとしてお世話になりまくったJERSEY CAFEで最後のわがまま。

    40人くらいお世話になった人たち呼んで(本当はこれだけじゃあ足りないんだけれども・・・)、半分貸切で飲みました。

    実は感謝祭の数分前まで必死こいて参加者みんなに簡単なメッセージとか書いてました。
    結局なあなあな感じに書いた人もちらほらいちゃったけれども、比較的伝えたい事がある人には伝えることを書いたと思うので、該当者は質問があったら聞いてね!w

    と、気持よくみんなと話しながら飲んでいるといきなり、
    長渕剛の『乾杯』が。




    絶対ココには合わないBGMだなあと思ってると、なにやらケーキ?えっ!って。

    それでのんちゃんとかまりやとかなおとかふーことかいろんな人がプレゼントを!

    ▲皮のベルト、たっかそうな万年筆!!!、
    手作りクッキー、グミ各種などなど。
    みんなからの贈り物たちです。

    ▲なにより、みんなからのメッセージアルバム。
    「大」の字を含めたメッセージとその裏に手紙が。


    ゲロ吐くフリしてトイレで泣いたのはかずまにはみられちゃった。
    みんなに感謝する日だったのに、僕が多分あの場の誰よりもみんなに感謝されちゃっていた、幸せな日でした。ちゃんと感謝の気持ちが伝わってるかわからないけれども、本当に、しあわせでした。

    ■HOSUPお別れ会

    HOSUPの重鎮、あけちゃんがメインになった札幌から離れるつかさ、ぼく、やっすー(福島大から留学してきた女性)のために用意してくれたイベントです。

    写真とか撮ってなくてごめん、って感じなんだけれども。
    ここは本当に”家族”のような空間。

    3.11がきっかけで集まった人たち。
    いろいろなことがあった一年弱。
    良くも悪くも、HOSUPを立ち上げてたくさんの学びや挫折があった。
    そういう大切な時期を一緒に過ごしてきた仲間は、離れがたすぎる。

    HOSUPに限らず、こだまやあるぼら、co-Act、みちのくkids、酪ネット、ezorockのみんなと問題意識を共有して自分たちの信念持って活動できてよかった。本当にどうもありがとう。


    ■佐野さん

    こんな。
    いつもの通り、風呂行って、帰りに飲んで、というコース。
    佐野さんにはたくさんお世話になった。
    毎日時間を過ごしたわけではない。

    でも札幌ですごく頼れる兄貴みたいな感じだ。
    そしてこれからもいい意味で「お前、マジか!」とびっくりされるような弟でありたい。

    佐野さんの言葉は僕にとってすっきり心に入っていって、そのまま染みこんでいく。
    染み込んだ言葉たちが最初は全く小さい水滴のようなままなのに、
    時間が経つにつれてそれが自分の血脈となる。


    ■大津先生

    一緒に裏参道牛肉店へ行く。
    毎回おいしいところに連れてってくれる大津先生との出会いは1年半前の6月だ。
    ユニフェスで協力をして欲しいと思って小樽商科大学まで出向いたときに初めてお会いした。

    毎回たくさん考えさせられる話と、若干の説教じみた言葉(笑)をいただける。
    札幌では家族と離れている自分にとって、ここまで父親的ポジションにすっぽりと入ってくれる人は大津先生をおいてほかにはいないと思っています。

    大津先生からもらった言葉や期待、示唆は東京での生活でも毎回噛み締めていくであろう糧になると思っています。ふとした時にそれらの糧を掘り起こして、また食むことをしてみて、味わいを確かめて比べてみて、生きていきます。



    ■引越し作業
    もりゆー、たくや、引越し作業にあたって車を出してくれて本当にありがとう。
    ずっと「おれは助手席に乗る派だ!」なんてわがままに付き合ってくれて、ありがとう。
    たくや、最後に重要な指摘をしてくれてありがとう。

    昨日から今日にかけて、のんちゃん( @nonchan_bububu )としゅんぺー( @shumpeioe )に手伝ってもらって、部屋が元通り(一部はなんかの痕跡付き)になりました。どうもありがとう。

    4年間住んでいた部屋だけに、たくさんの思い出とかその他もろもろいろいろあったような感じですがそれらともお別れです。

      

    どうも、ありがとう。




    今日は、16:15の羽田行きに乗るべく、15:10には電車で千歳行きます。

    札幌の皆さん、お元気で!\(^o^)/
    あざ!

    0
      09:49 | ありがとう | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
      スポンサーサイト
      0
        09:49 | - | - | -| - | - |
        コメント
        コメントする










        この記事のトラックバックURL
        http://enochan.jugem.jp/trackback/1415
        トラックバック