Prepared Mind

Chance favours the prepared mind.
<< 文化を育てる | TOP | 自覚してLet it be. >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | -| - | - |
    『アンフェア the answer』
    先日、やっと観ました。

    TVドラマ版11話、ドラマスペシャル・コードブレーキング、the movie、ドラマスペシャル・・ダブルミーニングと見てきて、ついに今回のthe answer。





    一貫したテーマとなっている、「アンフェアなのは誰か?」という問いかけは、明言されていなかったものの今回も根底にはずっと潜んでいたように思う。


    今回のストーリーは、いわばこれまでのフラグを回収するもの。
    SPを観た時も思ったのは、世の中の事象ほとんどがアンパンマン的な結論では決してないってこと。つまりは、「善」VS「悪」で、最後には正義は勝つ、って単純明快なストーリ。

    もちろん、表向きには正義の味方は勝つのだし、何と言ってもそうでなければものがたりとしての後味は悪い。でも、世の中は、”アンフェア”にできている。

    それは確固たる事実。
    常に世の中に不条理・アンフェアな状況は発生し得る。
    なぜなら世の中は非常にコンプレックスだから。
    そして、何よりたくさんの思惑や思念が渦巻いているから。
    そこに「巨悪」なんていう概念は、無意味化されていくのだろうし、いつだって簡単に悪が正義に、悪が善になってしまうおそれがある。そう思う。


    そういうことを教えてくれた一作だった。 
    ネタバレはしたくないので、あんまり詳しくは書かないけれども、是非復習してから劇場で。
    ちなみに、映画として、エンタメとして、その他世界観的な感想はまた別の方の記事でも読んでください。
    0
      16:26 | 映画レビュー | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
      スポンサーサイト
      0
        16:26 | - | - | -| - | - |
        コメント
        コメントする










        この記事のトラックバックURL
        http://enochan.jugem.jp/trackback/1381
        トラックバック