Prepared Mind

Chance favours the prepared mind.
<< 身近なお悩み解決!アプリ「StraySheep」のfbページとか。 | TOP | 良いサービスとは。+(btcamp記事まとめ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | -| - | - |
    とりあえずBTCamp終わりました。 #btcamp
    僕達のチーム、「StraySheep」開発のチーム大北海道ですが、なんと今日の予選プレゼンで落ちてしまいました。



    所感・悔しいです。
    チームメンバーのだいきが言ったように、
    「結果残せなかった人には”頑張った”とか言葉は無用」。だと僕も思っています。

    過程はどうあれ、23チームの中から選ばれなかったことは、どこか審査員5名の方々に刺さらなかったアイデア、コンセプト、プレゼンだったということだし、会場の学生や各メンター様方のオーディエンスを盛り上げることが出来なかったということ。

    最後に審査員の方々がおっしゃっていた言葉、
    「すべてのチームが僅差。」
    「残らなかったチームも頑張った。」
    「本当の勝負は市場で決まる。」

    このコンテストの敗者、過程を評価されても・・・と思うし、やはりどこでも「勝負は僅差。」その僅差の違いを魅せつけること、オーディエンスに刺すことができなかったのは、昨日のプレゼンをやった僕の責任です。




    ・・・で?
    しかし、「本当の勝負は市場で決まる。」
    これは敗者としてではなく、いち開発チームのディレクターとして改めて「はっ」とさせられたこと。

    敗者としてはとてもじゃないけど、むかつく。
    自分やなんでかわからないけど、周りに。
    すべてが負けに塗れていて、言葉なんぞ言えば言うほど惨めになる。

    でも、
    それでも、僕達23チームは世界で勝負できるサービスを創っている。
    こんな(と言っては失礼だけれども。)コンテストで一喜一憂してそのまま熱が醒めるようなサービスならハナから優勝の「ゆ」の字もないだろうし、勝負の土俵には上がらないんだろう。


    だから、ここからもばちばちと19日リリースに向けて驀進する。





    「一喜一憂」について
    ただ、今回イベントの開発統括として関わられていたクーガーの石井さんも昨日の予選プレゼンが終わってからおっしゃられていた言葉、「あえて一喜一憂するようにしている。その方がメリハリあって楽しい。」がすごくしんなり心に入った。

    この言葉、btcamp向けなのか、はたまた関係ないのかわからないけれども、今の自分には突き刺さった言葉だった。

    一喜一憂は、きっと、当事者(今回の場合、参加学生)が言わないから綺麗で説得力のある言葉になるんだなと思ったし、心の底にある負の感情を少しだけ報いてくれる、成仏してくれる言葉だなぁと。

    しかし、ニュートラルな心でこの石井さんの言葉を改めて見返してみると、これも仕事を楽しむためのちょっとしたコツなのかな、って思います。



    勝負は勝負。
    でも、勝負は仕事の中に包括的に含まれているイベント、出来事、スパイスだと思うのです。
    だから酸いも甘いも一喜一憂を通じて仕事を楽しめるための大事な仲間なんだって思えた。
    勝負に負けたら悔しい。だから、次は勝ったやつらを負かしたい。このコンセプトにはかなわない、って思わせたい。
    勝負に勝ったら嬉しい。だから、次も勝者を見て死に物狂いでやってくるチャレンジャーよりも先手をいく。

    こういう感情で仕事が面白くなるのかしら。と、思いましたわけです。





    最後に。
    このBTCampは学生代表の遠藤くん(@yumaendo)や主催の赤羽さんを初め、沢山の方々の協力と努力の元に実現したイベント。
    本当に感謝です。
    「applimで、人生が変わった」じゃないけれども、「BTCampで、人生を考えれた」よ。

    ありがとう。





    南さん...
    One more thing.. メンターで最後の最後まで(本当に、当日の深夜まで。)、面倒を見てくれた南さん。
    ありがとうございました。

    南さん、会うまでどんな人なんだろう。
    Skypeで話している(チャットしている)限りでは、怖い人なんだろうな、とか思ってましたすいません。

    結果残せなくて本当に申し訳ないです。
    完全に今日の結果は僕の責任です。

    このサービス、絶対にリリースまで持ってきますし、南さん含めチームで作っているものであるかぎり意地でもいいものをユーザーに使ってもらうように頑張ります。

    南さん、ありがとうございます。
    もっともっともっと実力つけます。
    もっともっと頑張ります。
    んで、(おそらく)face mashのようなサービスではなく、ほんとうの意味でブレイクスルーするアイデア、コンセプトを世の中にぶちまかしてやろうと思います。
    0
      16:47 | btcamp関連 | comments(2) | trackbacks(0)| - | - |
      スポンサーサイト
      0
        16:47 | - | - | -| - | - |
        コメント
        ブレイクスルーとりあえずお疲れ様。何回もいってるけど、このメンバーでやれてよかったし、可能性はすごく感じてる。衝突すること多々あったけど、最後まで一緒にやってくれてありがとう。俺も気持ちはチームメンバーと同じ。悔しくて悔しくて本当は19日も壇上なんて立ちたくない。絶対見返してやろう。これからもよろしく!
        2011/09/18 2:31 AM by おーはし
        はっしー
        ありがとう。
        てか、同じ部屋にいながらコメントしたのかw

        ありがとう。
        2011/09/18 4:17 AM by えのちゃん
        コメントする










        この記事のトラックバックURL
        http://enochan.jugem.jp/trackback/1351
        トラックバック