Prepared Mind

Chance favours the prepared mind.
<< 夜の日記ちゃん。@研究室。 | TOP | おもしろそうなイベント今日やってたんだなー、東京で。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | -| - | - |
    1,出会い
    昨日はまっつんさんとげんきさんとバーいって松山宅いって朝帰りでした。

    このメンツは初めてだったけど楽しかったな〜。
    三人とも大学は違って、勉強してることは俺とふたりとも違って。
    でも、見つめている場所は融け合うように同じものがあって。


    また飲みたいっす!^^


    んで。
    1. 6月10日『出会い』ー櫻井や初期メンバーとの出会い
    2. 6月28日『広がり』ー説明会
    3. 7月28日『急展開』ー札幌市への申請通貨
    4. 8,9月『あんまり覚えてないや』ーたくさん
    5. 10月『余裕が無い』ー気づけばメンバーは40名弱、参加団体数20ほど、参加学生300名のイベントに。
    6. 10月25日『嵐の後に』ー最後に思ったよしなし事
    7. 11月『終わりは始まり』ー次につながる新しい体制づくり、そして新代表。

    これこれ。

    まずは 1,6月10日『出会い』。






    そもそも代表櫻井との出会いはくまさんだった。
    おれがやりたいことをやってる人がいるよ〜!って教えてくれて。
    マッチングしてくれたことがキッカケ。

    たしかジャージーカフェで出会ったんだ。

    あの時は、とてつもなくわくわくした。
    他にさんまさんとやーたくさんもいたな。


    このユニフェス(当初は名前が違っていた)がどういうビジョンを持っているのか、今思えば櫻井の個人的な想いもすごくエフェクトがかかっていたんだなーって思う。こんなとてつもないイベントを同時多発的に(櫻井や俺以外にもやりたい人はいた)、思っていたなんて!そして、その人達が縁あって出会うことができたなんて!って思うと眠れなかった。



    それから数日後。

    その時にいたメンバーと初顔合わせをした。

    思い返せば、camlifeもhandsonも自分が入部者の立場で、っていう雰囲気じゃなかったから初めてこういう立場で団体と接触するなーなんて若干どきどきしたんだけど、あってみてびっくりした。



    「これで果たして4ヶ月後に実現できるんだろうか」



    そんな得も言えぬ不安でいっぱいになった。
    (最初にいたメンバーがどうとか、そういう話ではなくてその時点での進捗とかスケジューリングについて整備されてなくて愕然とした)



    この夜、帰りに櫻井が車で送ってくれるついでにドライブした。

    そして櫻井には「おれが櫻井を支える。副代表になる。」って言った。




    それが、結局「統括」というポジションでユニフェスに関わった由来。


    自分の3年間の集大成だと思ったし、
    基幹的には短い、でも絶対に濃度はめちゃめちゃ濃いものになると確信できたからこそ、統括で自分の力を試したいって思った。

    それになにより、櫻井の掲げたビジョンに触れ合いたいとも思った。
    だから、「作業」って思わずに楽しめたんだと思う。
    志がある「志事」になったんだろう。




    イベントの規模とかぶっちゃけどうでもよくて。
    目的や理念とそこに到達するスタンスが自分の軸に由来させることができるかなんだと思う。それが合致してしまえばあとは、早い。


    だから、2011はそこを大切にしてほしい。



    ・・・もっかいかこ。

    目的や理念と、それらに伴う団体のスタンスを自分の軸とオーバラップさせる。
    0
      14:31 | UNIFES | comments(2) | trackbacks(0)| - | - |
      スポンサーサイト
      0
        14:31 | - | - | -| - | - |
        コメント
        実は今、苦労中。まさきから受け継いだ意志を100%自分のものにするって難しいね。えのの日記整理になってまじ助かる
        2010/11/19 11:59 PM by まふ
        まふ

        そりゃよかった。
        そこが成功の一番のファクターだと思うよ。
        ぶっちゃけ。

        メンツも、お金も、アイデアも、人脈も二の次だよ。

        一番時間をかけるべきだし、一見して無駄かと思うことでもやってみるといい。そこは効率化を求めるよりも、自分の納得ー他人の賛同ーみんなにとっての善のすべてを満たすことをひたすら探すことが大事だとおもーう
        2010/11/20 8:41 PM by えのちゃん
        コメントする










        この記事のトラックバックURL
        http://enochan.jugem.jp/trackback/1056
        トラックバック