Prepared Mind

Chance favours the prepared mind.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | -| - | - |
    イベントレポと雑感 #SYC311
    はい、ということで。
    一昨日、「SapporoYouthConference for 3.11」を無事終えることが出来ました。

    準備期間とか
    準備期間は1カ月。
    キックオフミーティングが11/7で、そのあとの全体会議は11/21と12/5の三回。
    ユニフェスのときも似た状況なんだけど、如何にして多様な団体・組織と連携をとってイベントを完成させていくか・温度感をある程度統一してゴールに向かっていくか、ってイベントクオリティにも十分関わってくることだ。

    今回はそこら辺みんなにも聞いてみないとなんとも言えないんだけど、自分が統括を務めた第一回のユニフェスよりも密だったと思うんだ。人間関係が。それはこの3.11を共有しやすい、というところに立脚していると思う一方で、「場」がしっかり機能していた、ということにも起因していたと思う。


    「場」って?
    ミーティングなど顔を付き合わせて議論する「場」や、
    深夜まで及ぶ作業的なことを大学や団体を超えて行う、物理的な「場」まで。

    結局人間関係の信頼は、直接会わないと生まれ得ない。
    実感値としての信頼関係は仕事のスピードとか、質とか、アイデアの斬新さとかとはまた別の、プリミティブな部分にあると思う。

    今回は全体ミーティングこそ3回しかしていないけれども、
    チームごとの連携や先輩が後輩をフォローすることなど、有機的なつながりをイベント準備という名目でたくさん生み出すことができたのは成果の一つだなとおもう。


    反省点とかもろもろ。
    co-Actの代表しゅんぺーも書いているけれども、
    下山するまでが大事。|hora who keiba 1.2
    事後こそがイベントの真価が問われる場面だと思う。
    一発の打ち上げ花火ならね、「終わり良ければ、全て良し」なんだろうけど。
    今回のカンファレンスは違うんです。

    北海道の学生ができうる支援活動を本気で考えていく、それがHOSUP代表として引退前に行うべき最後の仕事。
    そう自覚して12月中に方針をちゃんと定めていく。


    イベントクオリティに関する反省は内部で行なって次のカンファの担い手に託す。
    例えばこういうイベントが触媒になって、文化を自動的に形成していく。
    その系譜を現行世代は残していく。
    そうして復興していければいいな。

    ひとまず、報告書完成に一生懸命になります。

    0
      23:00 | 311大震災関連情報 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
      アートで募金。act.1終了。
      http://sact.daysclip.com/statement

      今回は事務方としてちょびっと関わった企画です。
      といっても、メディア関連の紹介をしただけなんだけども。


      声かけ人は現役女子高生のみなみちゃん。

      もうすでにact.2に向けて動いています。


      「自分たちに出来ること=アートをどうにかこうにかすること」を活かしたい。
      っていう想いと、アートの消費、っていう観点をとりこんだ企画です。

      4日間でなんといろんな札幌市中のアーティストから集めた作品たちが、510,004円の義捐金と姿を変えたんです。



      観るべき鑑賞すべきものとしての芸術作品、だけでなく帰る物、持ち帰る物、消費するもの、としてのアート作品のカタチも暗に模索できたのなら・できるキッカケを持ち帰ってもらえたなら、意義はプラスのものだったんじゃないかなー。



      0
        21:56 | 311大震災関連情報 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
        AND.ぼきん。
        さっき久しぶりに髪切ってきた〜。






         AND.で溜まっていたポイントをそのまま募金に廻しました。最初に来た時から溜めに溜めた一万円分。


        Tポイント募金とか、楽天ポイント、Pontaポイントなどなど。世の中にポイント募金はたくさんあります。企業の対応は早いね。すごいっす。まいどおなじみ、僕んちと同じブロックのHair make AND.でも始めてます。





        HOSUPのその後に関しては、かなりクリアになる一方で、”遠方で”の、”長期的な”、支援の形を探るってのは、なっかなか難しいなぁ。と思いつつ。まちづくりに絡めた動きと、学生ボランティア派遣を行って行く方針で事業内容を考えてます。



        ひとまず、手近な「おつり募金」!!


        0
          17:46 | 311大震災関連情報 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
          街頭募金に関する考察
          今日は中央共同募金会の下部組織、札幌中央共同募金会と社会福祉法人札幌市社会福祉協議会の共催で行われた街頭募金活動の運営スタッフを行った。


          ちなみに、中央共同募金会は、有名な赤い羽根共同募金会を行っている組織。


          今日のお仕事は、ボランティアに来て下さった市民の方々を誘導して、個人で来ている人たちはマッチングする。団体はそのまま受付をする。
          んで、注意点を示して、募金箱を受け渡して、送り出す。
          帰ってきた人たちから募金箱回収をおこない手続きを済ませる。

          そういう内容でした。

          今回、たくさんのボランティアの方々、
          社会福祉協議会の方や中央強度募金会の方々と話して感じたこと・思ったことをベースに、
          あくまで現場にいた人間としての主観も交えながら考察する。




          まず、街頭募金やるならポイント募金すべき・バイトして募金すべきという意見に対しての個人的な反論。

          「〜〜やるなら、●●すべき」という取捨択一の議論にしている人はそもそも多様性を認めない価値観があると思う。”多様性を認めない”という価値観を批判することはできない(多様性を認める価値観を持っている自分としては、その価値観も受け入れる立場にあるから。)。

          なので、街頭募金もポイント募金もバイトして募金もやればいいのではー?て単純に思う。

          単純に回答しないなら、「目的」と「影響」と「プライオリティ」が違うのでどれも違うのでどれも良いと言える。


          ・街頭募金は「集金額」よりも、「人のつながりやムーブメント要素」が他の募金形態より強い。
          ※感じたことを例に後述する。

          ・ポイント募金は「手軽さ」「利便さ」が強み。しかし、継続的な意識付けは難しいかもしれない。

          ・バイトして募金は「学生の養われている身分で」という立場に立てばきわめて道理(一理ある、一理しかない。)に沿っている。さらに、波及効果も街頭募金と同様に狙える余地はある。



          それから、いちスタッフとしての感想。


          今日の要は「マッチング」。
          個人でいらっしゃった方が、チームを組んでできるように誘導してマッチングをした。

          本当に今日は多種多様な方がいらっしゃったの。

          おじいちゃん、ばあちゃん、主婦、会社員、30代のお兄さん、大学生、女子高生、中学生、小学生、外国人のお兄さん、身体障がい者の団体様、などなど。


          マッチングすることでたくさんのコミュニケーションが生まれたと思う。
          新しいつながり・関係性が生まれた。


          この出会いは、原因は今回の大震災だけれども、生きていたからこそのかけがえのない結果だと思う。
          震災で犠牲になられた方も大勢いらっしゃる中、新しい関係性が生まれていく環境が素敵だ。生きている人は生きている理由がある。腹を据えて頑張らなきゃいけない。


          マッチングしてたくさんの関係性がさっぽろでも生まれた。
          これから日本が復興して行くために、こういう小さな関係性の積み重ねが大事なんだな、って思いました。



          以上。
          北海道学生震災支援ネットワークHOSUPのウェブサイトはこちら
          0
            01:04 | 311大震災関連情報 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
            9時、札幌市役所。
            赤い羽根をやっている共同募金委員会のスタッフとして今日一日は動きます。



            ボランティアで街頭募金する人たちの対応です。
            0
              09:27 | 311大震災関連情報 | comments(2) | trackbacks(0)| - | - |
              学びが多い。(落ち着こう)
              ネットワーク設立に関していろんなご意見を頂いた。
              本当に、ありがとうございます。

              無力な学生が生きていられるのは、活かされているのは今の経済活動を回している社会人の方々のお陰が大きいんだなって、実感しました。


              学びが、多すぎる。


              ・”正しいこと”(と思っていること)を正しいので、みなさんどうぞ。ということがどの場面でも”正しい行為”に成り得るわけではない。



              ・すべての選択は「許される多様性に於いて」フラットであり、それ以外の尺度(すごい、すごくないとかえらい・えらくないとか。)は無関係。なぜなら、多様性が許されている前提なので。



              ・やらぬ善よりやる偽善なのか?
              ー結局は時と場合による。
              今は、被災者が被災者を助けることが優先順位は高い。
              立場によって、やらぬことは不善につながる。
              しかし、見方を換えたらやることが偽善ともいわれる。

              それならば正直、「すべての選択は、許される多様性に於いてフラットである」というひとつの公理を用いて、他者からの”見方”ってやつは、何かをやる・やらないの意思決定において優先順位は少なくとも1位ではない。



              ・そもそも災害支援に関する基礎知識。
              インフラのこと、募金のシステムのこと、献血のシステムのこと。
              国の対応のこと、ボランティア活動のこと、ボランティア活動をしないこと。


              ・言葉を尽くすことの大切さ。
              言葉は、紡いでも紡いでも逃れていく。
              伝わるために行為で尽くしても、尽くしきれない。

              目を見て話して、聞いて、レスして、お互いに腹落ちさせて。
              そういうプロセスを経てやっとリンクしていく。

              言葉の大切さともろさを感じました。
              0
                14:57 | 311大震災関連情報 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
                後ほど、北海道の動きをここで連絡します。+被害が少ない札幌でもできること。
                お久しぶりです。



                実験や部活、それからネットワークづくりにと、まるで暇なしでした。
                しかし、「自分にもできることを」という視点を持つことと同時に、
                「日常を大切に」って生活することも同じくらい大事です。


                今、被害が少ない所にいる身としてできることは・・・。
                ・ソーシャルメディアや公的な機関の情報元を頼りに、自分の中に取り込む情報を取捨選択すること。

                すごく大事です。広めることよりもまずは、いったん落としこむ。
                誤情報拡散による人災がおこらないとも限りません。

                それから、細かいことかもしれませんが、Twitter使ってる人は【拡散したい場合は、公式RTを用いる。】ってことを常にアタマに入れておきましょう。これは情報が少しでも正しく伝達するための智慧です。


                ・まずは募金から。
                ネット募金、コンビニ募金、街頭募金。
                ネット募金なら、グルーポンとかDMMならマッチング・ギフトをしているので、寄付額の200%の額が寄付できます。

                コンビニ募金。
                始めて無いところも有るかもしれません。
                いつもいってるコンビニ、ちょっと顔を覚えられてたりしません?

                少し働きかけてみたら早めに始めてくれるかも。
                ちなみに僕の住んでいるすぐそばのローソンは言ったら即日始めてくれました。
                大規模にやるのもありかもしれないけど、「日常でできることを」。


                ・批判をしない。
                マスコミや原発に関する報道、”今は”無意味に数字の羅列、ひたすら現地の悲惨さを流すだけのジャーナリズム。

                批判して「許せないので拡散を!」・・・今じゃないと思います。

                今は被災地の人が情報をほしがっています。
                情報の渦をそういうことで埋めないのが”今は”得策。

                救援情報、避難情報、元気がでるメッセージ。

                被災者の気持ちになったら、もっとみえてくると思います。




                >北海道の人
                お昼くらいには、「北海道学生震災支援ネットワークHOSUP」の設立とポータルサイトのURLをお伝えできます。そこを拠点に、(まずは)学生から一丸となりましょう。
                もちろん、もちろん大人の力が不可欠だと思っています。ネットワークに賛同していただける方は僕にメッセージください。ちょっと遅れるかもですが、ちゃんとレスポンスさせていただきたいです。

                連絡先:hosup.net@gmail.com
                榎本twitter:@enochan


                >本州の人
                すでにネットワークができつつあると各所から連絡がきています。
                情報の乱立や錯綜がおこらないように。

                ここは時間かけてもいいと思うので、しっかりとした体制を作っていきましょう。

                そして、責任の所在を明確にすること。だれが決済権をもっているか、はっきりさせないとネットワークの意味が無いです。

                さらに、目標を設定すること。今はいいかもしれませんが、短く見積もってもこの災害の復興は2~3年以上は絶対にかかります。期限の目標や、支援の目標などを考えたほうがいいです。



                では、また後ほど。

                この記事は転載OK、無許可でリンクフリーなので、
                もし共感してくださったら各自の責任の下、お好きなようにご活用ください。
                0
                  09:37 | 311大震災関連情報 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
                  ゆとりの凄さ。
                  北海道の大学生が連合で、超巨大なネットワークをつくろうと思っています。

                  今は、被害が少ない北海道にいて、できることを整理するためにも手をとりあって一丸となることが大事だなと思ってのことです。


                  本州でもいろんな動きがあるみたい。



                  @mocchicc が作った、このサイト
                  世界中でtwitterにて#prayforjapanタグでお祈りのツイートが送られている。
                  そのタグを追って集積するサイトを作った後に、こちらの勇気の出る、こころのあたたまるTweetを集めたサイトも作った。


                  金銭的支援、物的支援、救援。
                  全部大事だし、それと同じくらいに精神的支援も大事。



                  それから,
                  東京で出会った同じ89世代の@ishidaian発信しているこちら
                  学生1000人で1000円ずつ募金して100万円を集めよう、っていうファンデーションの呼びかけ。遠くにいる人にとっては、まずできること。



                  多くの学生も祈っている、頑張っている、励まし合っている。
                  一日も早い復興がかないますように。
                  0
                    02:36 | 311大震災関連情報 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
                    【転載希望】【札幌にいてできること】東北地方太平洋沖地震への募金のお願い
                    昨日3月11日、東北地方太平洋沖地震が東北関東を中心におそいました。
                    メディアを通して、悲しい現実を目の当たりにしていると思います。


                    この地震の現状を見て「なにか助けになりたい!」と思いませんか?

                    まず、私たちが出来ることの一つとして、募金だと思います。
                    今、出ている募金の方法をまとめてみましたので、
                    一人でも多くの方に募金のご協力をして欲しいと思います。
                    また、皆さんには自身のブログ、Twitter、mixiの日記、
                    所属団体のメーリングリストなどを通して周りの出来るだけ多くの人に
                    このことを伝えて頂ければと思います。

                    ー募金先一覧ー

                    グルーポン http://goo.gl/VakH5
                    (*登録必要)

                    (*クレジット決済)

                    (*登録必要)


                    また、コンビニなどのレジにも募金箱が設置され
                    そちらの方にも募金できると思います



                    よろしくお願いします。


                    札幌・学生有志一同
                    0
                      01:28 | 311大震災関連情報 | comments(2) | trackbacks(0)| - | - |
                      【地震対策】災害用電号ダイアルについて
                      友人から。拡散希望 


                      ・電話の使用は極力避けてください! 
                       非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています 
                       安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 
                       またはツイッターなどのネットの利用でお願いします 

                      ・171ダイアルの使い方。 
                      「171+1+家の番号」が伝言吹き込みで, 
                      「171+2+家の番号」が伝言の再生です。 

                      ・新横浜にある横浜アリーナで一時受け入れを開始(1000人程度) 

                      ・パシフィコ横浜でも受け入れをしていましたが、 
                       水位上昇のため今は「受け入れをしていない」可能性があります 

                      ・いまだに大津波警報・津波警報が出てます。 
                       これから再び大きな津波がくる可能性があります。 
                      0
                        23:15 | 311大震災関連情報 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |